閉じる
閉じる
閉じる
乗馬用製品

エアバッグシステム

エアバッグシステム

ワンタッチリリース


馬への乗り降りの際にワンタッチリリースでラクラク!


乗馬や下馬時にベストへの伸縮ワイヤーの接続・取外しもシートベルト感覚でラクラク
乗馬時にサドルホルダーに取付けた伸縮ワイヤーに付いているワンタッチリリースのオス部をベストに付いているワンタッチリリースのメス部と接合して下さい。
下馬時には必ずワンタッチリリースを外してからお降り下さい。 ワンタッチリリースを指で押すことにより簡単に外れます。
誤操作防止のためにワンタッチリリースの接合・取外しは、馬に股がった状態で行う様に習慣付けましょう。

YKKと共同開発し、強度を高めたバックスタイプ


エアバッグの再利用


エアバッグが展開しても繰り返し使用できます
エアバッグ展開後にジャケットやベストに損傷が無ければ、CO2カートリッジボンベを交換して、繰り返し使用する事ができます。
附属の再生用工具(セッティングボルト、六角レンチ)を使用して再生します。



  • 一度作動したカートリッジボンベは使用できません。空ボンベは底に穴が開いています。
  • ヒットエアージャケット・ベストにはマニュアル、再生用工具ツールが附属されています。
  • 再生方法等はマニュアル又はエアバッグ再生方法ページを参照ください。

キーボールの張力

伸縮ワイヤーにワンタッチコネクターを付けたまま下馬しても!
キーボールが抜けるには30〜35kgの張力が必要になります。
そのため、降車時のワンタッチコネクターの外し忘れに気付く様になっています。 着用時、前方どの方向から引っ張られてもキーボールが抜ける仕組みとなっています。


キーボールの張力

  • 勢いよく下馬した場合は30kg以上の張力がかかり展開してしまいますのでご注意ください。

キーボックスの構造と種類

キーボックス(エアバッグ起動装置)は、通常約30kg〜35kg程度で伸縮ワイヤーを引っ張る力により、キーボールが抜けて、キーボックス内に組み込まれている圧縮バネと針が連動し、カートリッジボンベの底部(封板)に穴を開けて炭酸ガスを送り込みエアバッグが瞬時に膨らみます。
着用時、前方どの方向から引っ張られてもキーボールが抜ける仕組みとなっています。